オロのぐだぐだプリ日記。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
点と線
2010年03月25日 (木) | 編集 |
 思ってもみない展開だった。

 巷で噂のPikeman二人組みの動きにさぐりを入れようとRicartenの街を見回し、一人を確認して不用意に近づいたときだ。

2010-3-24-21-4-38.jpg

 先に目をつけられていたようだ。青きメッセージが私に送られてきた。

2010-3-24-21-6-57.jpg

 つけていることに気づかれぬよう、初心者にYellを送る年長者を演じながら別れようとする。

 しかしこのPikemanの要求は執拗だ。

 返信しようとしたが、なぜかPikemanはLog outしていた。

 夢だったのだろうか。

 しかし「あと4レベル」とは何を意味するのか。40レベルを意味するものなのか。
 Pikemanの目標としているのは転職なのか。それともClan結成を企てているのか。今はまだ調査をし続ける段階のようだ。

2010-3-24-21-12-18.jpg

 数分周りを伺っていると、Pikemanは再び現れた。

 Pikemanの要求は更に激しさを増す。

 丁寧に断ったつもりだったが、Pikemanには伝わっていないようだった。

 「それならお金をくれませんか?」

 あまりの言葉にScreen Shotを撮り忘れた私は十分にPikemanの悪童振りを確認し、Ricartenの街を後にした。

 それにしても、Agota Kristofの"Le Grand Cahier"(邦題「悪童日記」)を彷彿とさせる遠慮の無い子供の欲求。抑圧された後ろ暗い人間の欲求がどれほどの醜さであるか自らに問いかけ、Pikemanの片割れを再追跡し始めるまでしばらくの間私は放心しながらコーヒーを片手にマウスホイールを上に下に意味も無く動かし続けていた。
2010-3-24-23-20-17.jpg 深夜になり、数時間前に別のCharacterでコンタクトを取ったあのPikemanがNaviscoの近くで、多くの人にたかって集めたCristalを使用しているところを確認した。

 Ownerの変わったCrystal Monsterが皆泣いているように見えたのは私の目の錯覚だったのだろうか…。

注)
本投稿は事実に基づき書かれたフィクションですが、限りなくノンフィクションに近い内容です。

注)
タイトルや本文中に引用される作品については私自身が内容を忘れかけているものがほとんどのため、あまり深く追求されぬよう予めご了承願います。
コメント
この記事へのコメント
>もちお捜査官
クラン結成を見届けることはできませんでしたが、ぴおメンとして立派に育つことを望みます。
できればサブチーフとかに昇格させて、勧誘の嵐とかを見てみたい今日この頃。

>ハニベル検視官
新規38だと、ハウスはまさに生き地獄でしょう。
おととい36だったので、あまり上がっていないのが残念です。
彼はクリスタルを使用しての狩りを好むので、クリスタルが無くなると積極的に狩りはしなくなるようです。
2010/03/26(Fri) 07:46 | URL  | オロ@おとり捜査 #3K7Vi2Lo[ 編集]
いつものオロロじゃない!Σ
彼、38レベルでどこかのクランへ引き取られたようです。
2010/03/26(Fri) 07:12 | URL  | もちお #-[ 編集]
もっちーとオアシスのハウスに放ってあげました(゚∀゚)
新規さんのお手伝い楽しいよね~~(どS的な意味でw
2010/03/26(Fri) 01:32 | URL  | ハニベル #j9g3P57.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。